天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 大事な歯を守る!歯のブログ > むし歯 > 全身麻酔での治療が望ましい症例・患者さん

むし歯

2020/07/28

全身麻酔での治療が望ましい症例・患者さん

全身麻酔での歯科治療が望ましい症例、患者さんについてまとめてみました。治療について興味のある方や詳しい説明をお聞きになりたい方は、お気軽にご連絡ください。
むし歯は自然治癒はありません。時間が経てば経つほど悪化していくの早期に治療ができるよう少しでもお手伝いができればなぁと思いながら日々診療しています。 

・歯科恐怖症

過去の歯科治療で、痛い思いや心的外傷ストレスを受けて、歯の治療に防衛反応が強くなり、治療の際動いてしまったり、気分が悪くなったり、口が開けられなくなってしまう方。(歯の治療のことを考えるだけで不安や恐怖でドキドキしてしまう・・・など)

・嘔吐反射(異常絞扼反射)

口の中に、歯ブラシや治療器具などを入れると、吐き気を催したり、吐いてしまう方。むせてしまう方。(歯型をとったり、レントゲンが気持ち悪くて撮れない・・・など)

・局所(部分)麻酔アレルギー

局所麻酔に過敏症がある方。

・てんかん

歯の治療がストレスになり、てんかん発作を誘発してします可能性のある方。

・精神疾患

パニック障害や統合失調症などで、歯の治療を受けられない方。

・全身疾患がある方

痛みを伴うストレスの多い治療では、部分麻酔より体への負担を少なくできます。

・障害のある方

拒否が強く、暴れてしまい、歯の治療を受けられない方。

・治療を拒否してしまうお子様

怖くて泣いてしまったり、暴れてしまうお子様。

・短期間で治療を終わらせたい方

忙しくて歯科医院に何度も通えない方。1回の治療を長時間とって終わらせたい方。(保険適用外)


みゆき歯科医院では「削るのがこわい!!」という方にオススメの歯科治療設備があります。
詳しいことはこちらへ ↓ ↓
全身麻酔・セデーション(静脈内鎮静法)をおこなっております。

●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●

セデーションでの治療を受けられた患者様から大変ご好評です。
セデーションでの治療は大学病院では保険がききますが、個人医院では保険適用外になることが多いです。みゆき歯科医院は、個人医院で保険内で治療できる数少ない医院です。治療内容によって金額は異なります。1日のご予約は限られていますので、興味のある方はカウンセリングだけでも可能です。お電話、オンライン予約からご連絡ください。