天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 大事な歯を守る!歯のブログ > むし歯 > どうやってむし歯を阻止できるのか??

むし歯

2019/02/07

どうやってむし歯を阻止できるのか??

前回のそもそもむし歯ってなに??ではむし歯の原因についてお話ししました。今回はむし歯の原因の4つの輪を小さくする方法をご紹介します。

1つ目のバイ菌についてです。菌は、菌の数を減らす方法と、菌の活動性を抑制する方法があります。毎日のブラッシングで菌の数を減らします。そして菌の活動を抑制するにはフッ素があります。フッ素を取り入れることにより、フッ素の力で菌の活動を抑制し、酸の産生を防げます。

2つ目に歯の質です。もともとの歯の質もありますが、もともと弱い歯でも強化することは可能です。逆に、もともと強い歯でも何もしなければ弱くなります。萌出した歯を強化するのはフッ化物が有効です。たまに、牛乳を飲むといいのかや、サプリを飲むといいのか聞かれます。残念ながら萌出した歯には無効です。フッ素を有効に使いむし歯を阻止します。

3つ目は時間です。食べ物を摂取するタイミングが重要になってきます。ダラダラ食べることによりむし歯になりやすくなります。これは学校での生活習慣ではなく、家庭での生活習慣が影響します。

ダラダラ食いはなぜ悪いのか・・・

口の中は基本的には唾液の関係で中性に保たれています。しかし、食べ物を摂取することにより、酸が作り出され、中性から酸性になります。酸性になるということは歯が溶け出すpHになっているということです。その後唾液が中性に戻してくれます。溶け出した歯を唾液の力で再石灰化してくれるのです。しかし、ダラダラと間をあけずに食べていると、中性に戻る前にまた酸性に傾きます。酸性の時間が長ければ長いほどどんどん歯は溶けてしまいます。唾液の力にも限界があるのです。また、食事の1時間前に糖分を摂取すると血糖値があがり、お腹が空かなくなってしまうのです。そうすると、食事の量が減り、寝る前にお腹が空き、間食をしてしまう傾向にあります。まさにダラダラ食いの原因です。しっかりとした食習慣がつくることが重要です。

4つ目に砂糖です。単純に糖の摂取を控えてもらうしかありません。これは私たち(歯科医院)では介入できない家庭での方法になります。

次回は学校・家庭でできる予防方法についてご紹介します。


みゆき歯科医院では「歯の治療がイヤ!!」という方にオススメの歯科治療設備があります。
詳しいことはこちらへ ↓ ↓
全身麻酔・セデーション(静脈内鎮静法)をおこなっております。

●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●

セデーションでの治療を受けられた患者様から大変ご好評です。
セデーションでの治療は大学病院では保険がききますが、個人医院では保険適用外になることが多いです。みゆき歯科医院は、個人医院で保険内で治療できる数少ない医院です。治療内容によって金額は異なります。1日のご予約は限られていますので、興味のある方はカウンセリングだけでも可能です。お電話、オンライン予約からご連絡ください。