天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 大事な歯を守る!歯のブログ > むし歯 > 血圧ってなーに??

むし歯

2021/08/10

血圧ってなーに??

身近でよく耳にする「血圧」という言葉。
日本人の3人に1人は高血圧といわれ、日本人の”国民病”になっています。生活習慣病の中でももっとも患者数が多い病気で、その数は約4,300万人ともいわれています。
高齢化社会、食生活の欧米化などによって今後さらに増加すると予想されています。

血圧とは??

血圧とは、心臓から送り出される血液が全身へと流れていく際、静脈の内側にかかる圧力のことです。
血圧は心臓に近い血管ほど高く、手足などの末梢血管にいくほど低くなります。
血圧測定を行うときは、上腕部の血圧を測定します。

◉ 最高血圧と最低血圧 ◉

収縮期血圧(最高血圧)

心臓が収縮して、もっとも強く血液を送り出そうとするときの血圧

心臓がゆるんで、送り出した血液が心臓に戻ってくるときの血圧

◉ 歯科治療と血圧 ◉

高血圧症の方が歯科治療を受ける場合に、問題となるのが麻酔と抜歯です。麻酔薬の中には血管収縮剤という成分が含まれており、これが原因で血圧が上昇する可能性があります。しかし血圧が薬でコントロールされていれば心配ありません。

また、高血圧症の方は、抜歯のあと出血がなかなか止まらない可能性があります。血圧が高いと出血する圧力も高いため、抜歯のストレスによって血圧が上昇し出血量が多くなります。
以下のことから血圧がコントロールされていることが重要になってきます。

最低血圧が100を超える場合は、治療時のストレスによって血管が破裂する危険性が非常に高く、治療は不可能になります。内科の先生の治療をしっかり受けていただき、血圧がコントロールされてから治療をすすめていきます。

ご家庭での血圧は正常なのに歯科医院に来るとドキドキして血圧が上がってしまう方などは、「セデーション」という静脈内鎮静法をおすすめしています。セデーションはリラックスした状態で治療を進めることができるので、歯科恐怖症の方や血圧が高くて治療ができない方などに適しています。


みゆき歯科医院では「歯科治療のことを考えるだけで気分が悪くなる…。」という方にオススメの歯科治療設備があります。
詳しいことはこちらへ ↓ ↓
全身麻酔・セデーション(静脈内鎮静法)をおこなっております。

★☆:★☆:★☆:★☆:★☆:★☆:★☆:★☆:★☆:★☆

セデーションでの治療を受けられた患者様から大変ご好評です。
天童市内だけでなく米沢や酒田など遠方から治療に通ってくださる方もいらっしゃいます。
セデーションでの治療は大学病院では保険がききますが、個人医院では保険適用外になることが多いです。みゆき歯科医院は、個人医院で保険内で治療できる数少ない医院です。治療内容によって金額は異なります。
1日のご予約は限られていますので、興味のある方はカウンセリングだけでも可能です。お電話、オンライン予約からご連絡ください。