天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 大事な歯を守る!歯のブログ > むし歯 > むし歯菌はうつるの?

むし歯

2017/09/15

むし歯菌はうつるの?

むし歯はうつると聞いて不安に思う方も多いのではないでしょうか。むし歯はむし歯菌から作られ、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌はいません。つまり、むし歯が出来るということは人からむし歯菌が感染したということになります。
しかし、むし歯菌が感染したら必ずむし歯が出来るということではなく、「バイ菌」「歯質」「糖分」に加えて、「時間」の4つの条件が重なったり、影響しあってむし歯になります。 

【 バイ菌 】
お口の中にはむし歯や歯周病を引き起こす多くの種類の細菌がたくさん存在します。人によって種類は異なり、数は常に変化します。 

【 歯質 】
歯の「質」は年齢、薬、生活環境、歯みがき、フッ素、遺伝…などいろんなことが原因となり、人それぞれ異なります。 

【 時間 】
食べ物や飲み物を口にしてから歯をみがくまでの時間がむし歯の発生に関わります。 

【 糖分 】
食べ物や飲み物の中の糖分を細菌が取り込んで、むし歯の原因となる「酸」を作り出します。

この4つの条件が重なるとむし歯が発生します。
一つ一つの輪が大きいほどむし歯になりやすいということになります。一つ一つの輪を小さくするためにはどうすればいいのでしょうか?
問題点を見つけて改善出来ることなのか、改善出来ないことなのかを振り分けることで予防方法を考えることができます。