天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 大事な歯を守る!歯のブログ > スタッフしゃべり場♡ > 味覚障害について

スタッフしゃべり場♡

2020/08/24

味覚障害について

新型コロナウイルスが流行してもうすぐ半年が経とうとしています。毎日この暑さ・・・マスクをするのも嫌になります。暑さにダルさに気が緩みがちになってしまいますが、熱中症・コロナウイルス対策をしっかりして健康に過ごしましょう。

今回は、新型コロナウイルスの症状の中に挙げられていた「味覚障害」について書いていこうと思います。

味覚障害とは・・・?

味を感じる感度が低下したり、しなくなる症状のことです。そのほかに、何を食べてもまずく感じることや、何も口に入れていないのに塩味や苦味を感じるといった味覚異常も、味覚障害に含まれています。

味は、甘み・塩味・酸味・苦味の4つを基本味覚とし、さまざまな味覚があります。舌にはこの4つの味覚をそれぞれ感じ取りやすいとされる部分があります。
先端では甘み、側方の手前では塩味、うしろでは酸味、さらに奥の方では苦味を感じやすくなっているといわれています。

新型コロナウイルスでの味覚障害の症状として

 味が感じにくい(甘み、塩味、酸味、苦味)
● 食事が美味しくない
● 食べ物の好みが変わった
● 金属味の渋みや、嫌な味がする
● 味がしないところがある

このような症状が報告されていたようです!
熱やほかの症状は良くなっていても、1ヶ月近く味覚が戻らなかった方もいるようです。

新型コロナウイルスだけでなく、薬の副作用やほかの病気との合併症からも味覚障害が起こるので、もしも味覚に異変を感じたら病院などで1度相談してみてください。


みゆき歯科医院では「削るのがこわい!!」という方にオススメの歯科治療設備があります。
詳しいことはこちらへ ↓ ↓
全身麻酔・セデーション(静脈内鎮静法)をおこなっております。

●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●

セデーションでの治療を受けられた患者様から大変ご好評です。
セデーションでの治療は大学病院では保険がききますが、個人医院では保険適用外になることが多いです。みゆき歯科医院は、個人医院で保険内で治療できる数少ない医院です。治療内容によって金額は異なります。1日のご予約は限られていますので、興味のある方はカウンセリングだけでも可能です。お電話、オンライン予約からご連絡ください。