天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 大事な歯を守る!歯のブログ > 歯並び・かみ合わせ > 自分に合った素材選び

歯並び・かみ合わせ

2021/05/18

自分に合った素材選び

かぶせ物・つめ物は、「見た目」「耐久性」「費用」などを考慮して、自分に合った素材を選ぶことが大切です。

 耐久性 ・・・補綴物の種類によって強度が異なるため、当然、耐久期間も変わってきます。

 見た目 ・・・従来は金属をつめたりかぶせたりしていましたが、最近は、天然歯に近い色調のセラミックや樹脂などを用いた補綴物もあります。

 金属アレルギー ・・・金属アレルギーは人によって程度が異なりますが、肌に金属が触れるだけで湿疹やかぶれなどが発生します。ネックレスなどのアクセサリーが原因である場合もありますが、口の中に入れていた銀歯が原因の方もいらっしゃいます。金属を全く使用しないセラミックを使用したノンメタル治療は歯に優しいことはもちろん、身体にも優しい治療であり、見た目が良くなるだけでなく、金属アレルギーのリスクを回避して身体の健康も促進する治療です。

 コスト ・・・保険適用と保険適用外があります。

 精密度 ・・・どうしても自分の歯と人工のかぶせ物には小さなすき間ができてしまい、十分なケアを怠ると、ここからまた、むし歯になるケースもあります。このすき間は補綴物の種類や材質によってもそれぞれ異なります。

 衛生面 ・・・銀歯の寿命は基本的に長くて5年程度といわれており、時間が経過するとともに銀歯と歯ぐきの間にすき間ができてしまいます。そのすき間にむし歯菌が再び入り込むことによって、銀歯と歯の間にむし歯が再発してしまうのです。

セラミックスや、金属などのかぶせ物が入った後の歯は、その後のメンテナンスが非常に大切です。
また、ブリッジにした際などには、みがきにくくなってしまうという部分が出てくるので、どのようにブラッシングしたら良いか、などの正しい知識とともにその方法をお伝えします。より長く、また永続的に使っていただくための補綴物周りのクリーニングの仕方や、また定期的な健診などもこちらからご提案します。
また、ブリッジや銀歯にしていた歯を、別の補綴物に作り直したいといったご相談もお受けしてますので、お気軽にご相談ください。


みゆき歯科医院では「歯の治療がイヤ!!」という方にオススメの歯科治療設備があります。
詳しいことはこちらへ ↓ ↓
全身麻酔・セデーション(静脈内鎮静法)をおこなっております。