天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 大事な歯を守る!歯のブログ > 歯周病 > 歯周病のギモン?あれこれ

歯周病

2016/04/18

歯周病のギモン?あれこれ

● 患者さんから質問される内容についてまとめてみました ●

なぜ、歯肉から血が出るの?

出血するのは歯と歯肉の間がはがれて、歯周ポケットができ、その内側の歯肉に炎症が存在するからです。この炎症はポケットの中、特に歯の根の面にプラークや歯石がべったり付くとおきます。

歯肉の内側には、毛細血管が走っていて、歯肉に栄養を与えます。歯周病菌の侵入によって炎症が起きると、エネルギー消費量が増え、その結果、栄養の供給が不足してしまいます。そこへ歯ブラシなどの刺激を与えると血がにじみ出るわけです。

なぜ、歯が抜けるの?

歯肉の炎症はやがて歯の根の方に進んでいきます。骨と歯根膜をとかしながら、歯周病菌が侵入してくると、歯肉と歯の根が離れてしまいます。

歯周病菌はポケットの中で増殖して歯の根の先の方へ進みます。この繰り返しが歯周病を悪化させ、最終的には歯の根の周りの骨をほとんどとかしてしまうために、歯が抜け落ちることになります。

歯周病は他人にうつるの?

歯周病はプラークの中に含まれる歯周病菌が歯周組織に感染することによって発症しますので、もしも歯周病の人とキスしたりすれば感染する可能性は否定できません。

ただ、歯周病菌の感染力はそれほど強くないので、抵抗力があれば簡単に感染することはないでしょう。しかし、病気・ストレス・睡眠不足などで抵抗力が低下しているような場合は感染する可能性もあるので、注意しましょう。

歯周病は遺伝するの?

歯周病自体が遺伝することはありませんが、歯周病になりやすい要因は遺伝する可能性があります。つまり、歯周病の親から生まれたからといって、その子どもが歯周病になるとは限りませんが、歯周病に感染しやすいなどの抵抗力の遺伝、プラークが付着しやすいような歯の構造(歯並び)の遺伝などはありますので、その結果、歯周病の親から生まれた子どもはそのリスクは高いかもしれません。

▶︎ ▶︎ ▶︎ いずれにしても、歯周病菌に感染しなければ、歯周病が発症することはありませんので、毎日の正しい歯みがきでプラークを除去し、歯科医院での定期的なメインテナンスをうけて予防することが何より大切です。