天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 大事な歯を守る!歯のブログ > 歯周病 > 歯周病は人から人へうつる感染症!

歯周病

2019/08/23

歯周病は人から人へうつる感染症!

「歯周病は人から人へうつる」と聞いて、不安になる方も多いのではないでしょうか。歯周病は歯垢(プラーク)の中に含まれている『歯周病菌』が歯肉に感染し、歯の周りに炎症が起きる病気です。
しかし、正しい知識があれば予防することもでき、たとえ発症しても最善の治療によって歯周病の進行を食い止め、遅らせることができます。 

1:歯周病は人から人へうつる感染症

歯周病は、お口の中の細菌による感染症です。歯周病の原因である細菌は、人から人へうつるといわれています。細菌は唾液を介してうつるため、歯周病に罹患している人とキスや食器などを共有することにより感染する可能性があります。ただし、細菌が感染したからといって必ずしも発症するとは限りませんので安心してください。感受性や全身状態、口腔清掃状態、ストレスなどの二次的な要因とからみあって症状が現れるといわれています。

2:大切な人へうつさないようにするには

歯周病の直接の原因は、歯みがきが十分でないために歯の周りにつく歯垢(プラーク)に含まれる細菌です。何よりも大切なことは、お口の中を常に健康に保つことです。

①毎日のブラッシング

常にお口の中を健康に保つためには、やはりブラッシングが大事です。その中でも、自分のお口の中の状態に合ったブラッシング方法を身につけることが大切です。みがき残しがあると、プラークが残ったままになり、歯周病菌が繁殖しやすくなりますので、自分にあったブラッシング方法が分からない方はかかりつけの歯科医院へ相談してみてください。

②歯科医院での定期的なチェックを

お口の中の状態を定期的に歯科医院でチェックしてもらい、何か変化があった時はすぐに対処することも大切です。お口の中の状況は年齢や環境、働き方によっても変化するものです。今は、何も症状がなくても、ライフスタイルによってお口の中の状態は変化しますので、定期的に専門家にみてもらいましょう。

③メインテナンス

毎日みがいていても、知らず知らずのうちに歯ブラシでは取りきれないプラークや歯石がたまっているかもしれません。定期的にプロのケア(P.M.T.C)を受け、健康な状態を保ちましょう。また、すでに歯周病に罹患している方は、歯科医院でしっかりと治療を受けましょう。

人から人へ感染を恐れて他者との距離を置くことは、生活していく上でとても難しいことです。また、敏感になりすぎることは、ストレスの要因にもなりかねません。大切なのは、自分から人へうつさないようにすること。お口の中に何か変化を感じたら、なるべく早い段階で対処することが人から人へうつさない予防法となります。また、常にお口の中の健康に気遣う姿は、周りのパートナーや子供にも良い意味で影響をもたらすかもしれません。


みゆき歯科医院では「歯の治療がイヤ!!」という方にオススメの歯科治療設備があります。
詳しいことはこちらへ ↓ ↓
全身麻酔・セデーション(静脈内鎮静法)をおこなっております。

●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●

セデーションでの治療を受けられた患者様から大変ご好評です。
セデーションでの治療は大学病院では保険がききますが、個人医院では保険適用外になることが多いです。みゆき歯科医院は、個人医院で保険内で治療できる数少ない医院です。治療内容によって金額は異なります。1日のご予約は限られていますので、興味のある方はカウンセリングだけでも可能です。お電話、オンライン予約からご連絡ください。