天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 大事な歯を守る!歯のブログ > 子どもの虫歯治療・小児歯科 > ペットボトル症候群って知っていますか?

子どもの虫歯治療・小児歯科

2019/05/27

ペットボトル症候群って知っていますか?

別名「清涼飲料水(ソフトドリンク)ケトーシス」
水分補給を目的として大量に清涼飲料水を繰り返し飲むことで起こる『急性糖尿病』です。清涼飲料水やスポーツドリンクの多くは飲みやすくするために多くの砂糖が含まれます。大量に飲むことで血糖値が上昇(高血糖)し、それにより喉が渇いてさらに飲むという悪循環を繰り返すことで起こります。 

《 症状 》

喉が乾きやすくなり、飲み物をたくさん飲む(多飲)
トイレに行く回数が増える(頻尿)
身体がだるい、ボーッとする(倦怠感)
食べても満腹感が得られない、体重の急激な減少
肩こり
腹痛
嘔吐、下痢
重症になると意識障害(昏睡)
清涼飲料水をよく飲む人で上記の症状があれば、ペットボトル症候群かもしれません。
糖尿病の方では、他の食品に注意していても、熱中症対策でスポーツドリンクや清涼飲料水を飲むことで血糖コントロールに影響を与える場合もあります。また、糖尿病予備軍(隠れ糖尿病)の方はペットボトル症候群に陥りやすいので注意が必要です。

500mlの中にこんなに砂糖が入っているなんてあらためてみると本当にビックリですね!!スティックシュガーをそのまま食べるなんてできませんが、液体にしてしまうとゴクゴク飲めてしまいます。甘いジュースが歯と歯の間のすき間にまで入り込んで、むし歯の穴をあけてしまいます。ジュースを水代わりに飲んでいる子は歯と歯の間のむし歯が多いのが特徴です。ジュースはおやつの時だけにして、ご飯の時は水かお茶、牛乳にしましょう。


みゆき歯科医院では「オエッ」とならない歯科治療設備があります。
歯科治療が苦手な方にオススメです。
詳しいことはこちらへ ↓ ↓
全身麻酔・セデーション(静脈内鎮静法)をおこなっております。

●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●

セデーションでの治療を受けられた患者様から大変ご好評です。
セデーションでの治療は大学病院では保険がききますが、個人医院では保険適用外になることが多いです。みゆき歯科医院は、個人医院で保険内で治療できる数少ない医院です。治療内容によって金額は異なります。1日のご予約は限られていますので、興味のある方はカウンセリングだけでも可能です。お電話、オンライン予約からご連絡ください。