天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > お知らせ > 医院からのお知らせ > Dr工藤’sコラム(25)

お知らせ

Dr工藤’sコラム(25)

2021/04/19

Dr工藤’sコラム 第25回目の連載です!!
歯科麻酔認定医の工藤先生の歯科コラムです( ^ω^ )ぜひご覧になってください。 

「子どもの歯は生え変わるから、むし歯になっても大丈夫!!」の誤解

むし歯になっても乳歯は生え変わるので大丈夫と思われている方が多いと思いますが、忘れてはならない事実が3つあります。


(1)生え変わりは長い期間をかけて行われる
(2)むし歯は感染症である
(3)むし歯がなくなっても、歯並びは戻らない

今回は(2)むし歯は感染症である について詳しくお伝えしていきたいと思います。

前回のコラムで、極端な話、歯みがきがしっかりできていればむし歯にならないとお話しました。
その理由は、むし歯は感染症だからです。むし歯菌が、お口の中にある糖分をもとにして歯を溶かす酸を作り出します。歯みがきはむし歯菌自体を減らしますし、お口の中にあるむし歯菌のエサになる糖分もお掃除してくれます。
だからこそ、歯みがきをすることはむし歯に対する特効薬なんです!!
この歯みがき習慣。これが習慣づけられるのが、高校生までの時期です。小さい頃から知らず知らずしてきたことって、別に大変ではないですよね。朝起きたら顔を洗う。毎日お風呂に入る。それと同じように歯みがきも習慣にしてしまえば、むし歯にならずに過ごせるわけです。人生で歯みがきが一番むずかしいのは、実は生え変わりの時期です。子どもの歯から大人の歯への生え変わりの時期は、歯が生えている所や生え始めで引っ込んでいる所、歯がない所や生えたてで痛い所など。。。普段の歯みがきよりぐっとむずかしくなります。このむずかしい時期をむし歯にならずに過ごせれば、大人になってからも同じ習慣でむし歯にならずに済むわけです。
歯みがきをしっかりして、おやつもダラダラ食いしなければ絶対むし歯にならないはずです!!


みゆき歯科医院では「歯の治療がイヤ!!」という方にオススメの歯科治療設備があります。
詳しいことはこちらへ ↓ ↓
全身麻酔・セデーション(静脈内鎮静法)をおこなっております。

★☆:★☆:★☆:★☆:★☆:★☆:★☆:★☆:★☆:★☆

セデーションでの治療を受けられた患者様から大変ご好評です。
天童市内だけでなく米沢や酒田など遠方から治療に通ってくださる方もいらっしゃいます。
セデーションでの治療は大学病院では保険がききますが、個人医院では保険適用外になることが多いです。みゆき歯科医院は、個人医院で保険内で治療できる数少ない医院です。治療内容によって金額は異なります。
1日のご予約は限られていますので、興味のある方はカウンセリングだけでも可能です。お電話、オンライン予約からご連絡ください。