天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > お知らせ > 医院からのお知らせ > Dr工藤’sコラム(9)

お知らせ

Dr工藤’sコラム(9)

2020/01/20

Dr工藤’sコラム 第6回目の連載です!!
歯科麻酔認定医の工藤先生のセデーション(静脈内鎮静法)や全身麻酔での歯科治療について詳しく連載する予定です( ^ω^ )ぜひご覧になってください。 

今回は・・・
『歯医者さんで全身麻酔って必要??』
についてご紹介します。 

歯科治療が苦手な患者さんには「静脈内鎮静法(セデーション)」がおすすめだと以前のコラムで書きました。セデーションは点滴さえできれば、ほとんどの患者さんがリラックスしながら歯科治療を受けることができます。こういう書き方をすると、セデーションが万能選手のように感じられますよね。しかし、セデーションではどうしても対応できない患者さんも、残念ながらいらっしゃいます。今日はそういう患者さんも歯科治療が受けられるようになる最終手段「全身麻酔」について書いていこうと思います!

まず、全身麻酔ってみなさん知ってますか?

よく医療ドラマなどで、外科手術をするときにおこなわれているのを見たことがあるという方が多いと思います。
たとえば私が好きなドラマ「ドクターX」では、米倉涼子さんが患者さんの体の方で鮮やかにメスをふるっていますが、そのときに患者さんの頭の方にいて、モニターを眺めながら「脈、血圧ともに問題なし。バイタル安定しています」と内田有紀さんが言います。この内田有紀さんが担当しているのが全身麻酔です。 

全身麻酔を担当するのは麻酔科医であり、私も歯科麻酔科という歯科の全身麻酔を担当する場所にずっと所属していました。医科に比べると、歯科での全身麻酔の需要はぐっと下がります。
お医者さんが手術する場合、多くは全身麻酔ですが、歯科で全身麻酔をするのはガンや顎の骨を切る手術のようなめったにない処置になります。
他にも親知らずを抜くのに入院して全身麻酔で抜いたという人もいるでしょう。しかしそれ以外の処置、いわゆる普通の歯科治療を全身麻酔で受けたことがあるという人はほとんどいないと思います。

これには理由があります。
歯科治療は基本的に一本一本進めていくものになります。そのため、恐怖心が強い方であってもセデーションをすれば対応できることがほとんどです。
わざわざ全身麻酔をして、一気に治療をすすめる必要性を感じていない歯科医師も多く存在します。全身麻酔をして歯科治療をする必要性に迫られるには、障がい者や小さい子供に多くのむし歯ができたときなどに限られています。

「じゃ、セデーションをすれば全身麻酔なんていらないんじゃないの?」という声が聞こえてきそうです。確かにセデーションをすることで治療ができるようになる人はたくさんいます。恐怖心が薄れる以外に、嘔吐反射が強く出てしまう人にもセデーションは対応できます。それでも、全身麻酔じゃないと歯科治療ができないという人はみなさんが思っている以上に多くいらっしゃいます。これは私が歯科麻酔科医として大学や個人病院で働いていて常に感じていることです。それをみなさんに知ってもらうためにも、「全身麻酔とセデーションの違い」を説明します。

全身麻酔とセデーションはよく3つの部分で違いがあるといわれます。
それは・・・
●意識
●反射
●痛みへの反応
の3つです。
誤解されがちなのですが、使用する薬は全身麻酔とセデーションで大きな差はありません。同じ鎮静薬を使用します。全身麻酔の場合は、鎮静薬以外に痛み止めの薬や反射をおさえる薬を入れて管理します。いろんな薬を入れることで、セデーションよりきめ細やかな対応ができるようになります。また全身麻酔では呼吸が止まるため、呼吸を管理するチューブを気管支の中に入れて、呼吸ができるようにしています。このチューブにより、患者さんは呼吸が止まった状態でも酸素を体に取り込むことができます。その上、水などが肺の中に入ってくるのを防ぐ役割も果たしてくれます。セデーションと全身麻酔では、準備の段階からこんなに違うんです!

今回はここまで。
次回は、全身麻酔とセデーション中の患者さんの体の状態について1つ1つ詳しく説明していきます。 


みゆき歯科医院では「削るのがこわい!!」という方にオススメの歯科治療設備があります。
詳しいことはこちらへ ↓ ↓
全身麻酔・セデーション(静脈内鎮静法)をおこなっております。

●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●

セデーションでの治療を受けられた患者様から大変ご好評です。
セデーションでの治療は大学病院では保険がききますが、個人医院では保険適用外になることが多いです。みゆき歯科医院は、個人医院で保険内で治療できる数少ない医院です。治療内容によって金額は異なります。1日のご予約は限られていますので、興味のある方はカウンセリングだけでも可能です。お電話、オンライン予約からご連絡ください。