天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 大事な歯を守る!歯のブログ > 歯みがき > インフルエンザが流行ってきました!!

歯みがき

2019/01/11

インフルエンザが流行ってきました!!

「歯みがき・口腔ケア」でインフルエンザ対策

インフルエンザ対策として、手洗い・うがい・マスクの着用などはよくいわれることですが、意外にも「歯みがき・口腔ケア」が予防効果を高めることは、あまり知られていません。
お口の中の細菌はインフルエンザウイルスを体の中に侵入しやすくする酵素(プロテアーゼやノイラミニダーゼ)を出すため、お口の中を不潔に保っているとインフルエンザに感染しやすくなります。また、歯周病による炎症もウイルス感染を促進させてしまいます。お口の中の細菌を減らすことで風邪やインフルエンザの予防につながります。日常の歯みがき、歯科医院でのメインテナンスは大切です。 

ある施設で高齢者に、歯科衛生士が歯みがき・口腔ケア(舌みがき、プラーク除去)を実施したところ、実施しなかった施設と比べるとインフルエンザ発症率が10分の1に激減したそうです。

●1ヶ月を目安に歯ブラシの交換

「最後に歯ブラシを交換したのはいつですか?」
歯ブラシは何千何万もの微生物・細菌のたまり場になっています。細菌・ウイルスから身を守るために、新しいものに頻繁にかえましょう!!
イータック抗菌スプレーがオススメです。
〜イータック抗菌スプレーの詳しいことはこちらへ〜 

あいうべ体操もインフルエンザ予防に効果的です

口呼吸を鼻呼吸にかえていく体操です。
鼻呼吸になることで、鼻毛と鼻汁はほこりやバイ菌を体に入らないようにしてくれるので、酸素をキレイな状態で体に入れることができ、病気にかかりやすくなります。お口と舌を動かすことにより、唾液を促します。唾液の中には、口の中を洗浄してくれる抗菌作用があります。 
 

●あいうべ体操●

1 口を大きく開く

2 口を大きく横に開く

3 口を強く前に突き出す

4 舌を突き出し下に伸ばす

(朝・昼・晩)
※1日3セットを繰り返す
(1セット・・・あいうべを5回)

童謡の『きらきらぼし』を【あいうべ】にかえて歌うと簡単に体操ができるのでオススメです。
♪ き・ら・き・ら・ひ・か・る 〜 ♪  を
♪ あ・あ・い・い・う・う・べ 〜 ♪ にかえて
みゆき歯科医院のスタッフもお風呂に入りながら毎日あいうべ体操をおこなっています。家族みんなでインフルエンザ予防をおこないましょう。
 


みゆき歯科医院では「歯科治療のことを考えるだけで気分が悪くなる…。」という方にオススメの歯科治療設備があります。
詳しいことはこちらへ ↓ ↓
全身麻酔・セデーション(静脈内鎮静法)をおこなっております。

●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●

セデーションでの治療を受けられた患者様から大変ご好評です。
セデーションでの治療は大学病院では保険がききますが、個人医院では保険適用外になることが多いです。みゆき歯科医院は、個人医院で保険内で治療できる数少ない医院です。治療内容によって金額は異なります。1日のご予約は限られていますので、興味のある方はカウンセリングだけでも可能です。お電話、オンライン予約からご連絡ください。