天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 大事な歯を守る!歯のブログ > スタッフしゃべり場♡ > 7月27日(土)は『土用の丑の日』です。

スタッフしゃべり場♡

2019/07/12

7月27日(土)は『土用の丑の日』です。

一般的に知られている夏の土用の丑の日。今年は2019年7月27日(土)です。2018年は夏に2回ありましたが、今年は1日のみです。

うなぎには、夏バテ解消、体力回復、風邪、視力低下、皮膚障害、味覚障害、脳卒中の予防、口内炎、口角炎、ストレス、高血圧の予防などがあるそうです。うなぎにとくに多いビタミンAは、粘膜を強化、視覚を正常に保つ働きがあり、胃腸炎風邪を予防します。ビタミンB1は疲労回復、ビタミンB2は細胞の再生と成長に関係し、ビタミンDはカルシウムの吸収を約20倍にも増やして骨粗鬆症を防ぎます。
ほかにも、ビタミンEには老化防止と高い抗酸化作用があり、カルシウム、鉄はそれぞれ骨や歯、血液という体の根本に関与して血流を良くするなど、その健康効果は申し分がありません。
さらに近年では、皮の周囲に含まれるコラーゲンへの注目度が高まっているそうです。脂っこいイメージとは裏腹に、意外なほど体に優しい食材なんですね。 

夏バテ防止にウナギのほかに「う」のつく食べ物が良いといわれています。
「丑(うし)の日」の「う」ですね。例えば、うどん・ウリ・梅干し・ウサギ・馬肉(ウマ)・牛肉(ウシ)など。
いずれも栄養価が高い、または食欲がなくても食べやすい食材ばかり。平安時代から室町時代には「めぐり」という水団(すいとん)や小豆、ニンニクを食べていたと伝わっています。食べて元気をつけよう!というのは、時代に関係なく共通のようです。 

今年は平年に比べてうなぎの値段がちょっとお安くなっているそうです。今年は土用の丑の日が土曜日で家族みんながお休みなのでおうちでゆっくり味わいたいと思っている山口でした・・・(笑)


みゆき歯科医院では「オエッ」とならない歯科治療設備があります。
歯科治療が苦手な方にオススメです。
詳しいことはこちらへ ↓ ↓
全身麻酔・セデーション(静脈内鎮静法)をおこなっております。

●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●

セデーションでの治療を受けられた患者様から大変ご好評です。
セデーションでの治療は大学病院では保険がききますが、個人医院では保険適用外になることが多いです。みゆき歯科医院は、個人医院で保険内で治療できる数少ない医院です。治療内容によって金額は異なります。1日のご予約は限られていますので、興味のある方はカウンセリングだけでも可能です。お電話、オンライン予約からご連絡ください。