天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 診療科目 > マタニティー歯科

診療科目:マタニティー歯科

妊婦さんのための歯科
生まれてくる赤ちゃんのマイナス1歳からの虫歯予防

母子手帳に「妊娠中と産後の歯の状態」というページがあるのをご存知ですか?
お腹の中に新しい命を迎えた女性は、お口の中も大きく変化します。それが大きく心や身体に関わるために、特別にページを設けているのです。

また、これから生まれてくるお子さんにも、お母さんのお口の状態は大きく影響します。
マタニティー歯科を通じて妊娠中も楽しく元気に過ごしましょう。

これから生まれてくる赤ちゃんの最初の虫歯予防を始めましょう。

妊婦さんのお口の中は大きく変化します

妊娠すると、お口の中は大きく変化します。

・歯肉から出血しやすくなる
・歯肉が腫れる
・歯肉が重苦しい、むずがゆい
・お口が乾きやすくなる
・虫歯になりやすい

以前と同じ生活・ホームケアをしていても、妊娠しているだけで上記のような症状がでやすくなります。
それは、女性の体の中のホルモンの影響です。
そのため妊娠中には、妊娠中の特別なお手入れが必要となります。
それがマタニティー歯科です。 

 

妊婦さんからよくあるご質問

Q X線撮影は影響ありませんか?
A

歯科のレントゲンの放射線量はほんのわずかです。また、歯とお腹は離れていますし、お腹には防護エプロンをしますので、胎児への影響はほとんどありません。

Q 麻酔は影響ありませんか?
A

歯の麻酔はごく少量の局所麻酔です。使用しても、母体・胎児ともに影響はありません。

Q お薬は飲んでもいいですか?
A

基本的に妊娠中にはお薬を飲まない方がよいでしょう。ただし、お薬を飲まない方がかえってお母さんの身体に悪いと考えられる時には、赤ちゃんへの影響が少ないお薬を、必要最小限に処方します。

Q 妊娠中でも治療は受けられますか?
A

原則的に妊娠のどの時期でも可能ですが、流産・早産などの危険を考えますと5ヶ月から7ヶ月の安定した時期がいいでしょう。