天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 診療科目 > 歯周病治療

診療科目:歯周病治療

歯が抜けるのは老化現象ではありません

歯周病とは、歯の周りの歯肉や歯を支えている骨が破壊される病気です。
はっきりとした症状がないまま進行し最後には抜け落ちてしまいます。

歯周病は30歳以上の日本人の約8割がかかっているといわれていますが、虫歯と違い目で確認することができないので、自覚することができないまま進行します。
一度減ってしまった歯槽骨(歯を支える骨)をもとに戻すのは容易ではありません。
しかしその進行を止めることは現代の医学で可能です。早期に発見することが何より大切です。

0コ

今のところ心配ありません。
これからも定期健診を受診して、歯の健康を保ちましょう。

1~3コ

軽い歯周病の可能性があります。
歯の磨き方を見直してみましょう。

4~6コ

放っておくと、中・重度の歯周病に進行してしまう可能性があります。
検査をしましょう。

7~9コ

歯周病がかなり進行している恐れがあります。
すぐに検査をして治療を受けましょう。

10コ以上

ご自分でも歯周病を自覚しているはずです。
早期に治療を受けましょう。

みゆき歯科医院での歯周病の治療方法

1.進行度合いを調べるために検査をおこないます。

  1. 歯周ポケットの測定
  2. 出血の有無
  3. 歯石沈着度
  4. 歯の動揺度

現在の口腔内状態について説明し、今後の歯周治療の流れ・必要な処置内容・治療期間を把握してもらった上で始めていきます。

2.セルフケアの提案・指導

歯周病は通院するだけでは治すことはできません。
毎日の歯磨き・生活習慣などお家でやっていただくことがあります。
プラーク除去の大切さをお話し、なるべく簡単で負担のかからないブラッシング方法などをご提案させていただきます。
軽度の歯肉炎はこれだけでよくなる場合もかなりあります。

3.プロフェッショナルケア

ホームケアでは落ちない種類の細菌やバイオフィルム(細菌の集団の膜)を特殊な機械や薬剤で除去します。

4.スケーリング・ルートプレーニング

専用の器具で歯石を取り除き、歯根の表面をツルツルの滑沢な面に仕上げます。

5.噛み合わせ調整

一部分だけ強く当たっていたり、異常な方向から力がかかっている歯の面を少し削ったり、足りない部分を修復材料で足したりして、バランスのよい噛み合わせにします。
睡眠中など無意識下での歯ぎしりや食いしばりがある場合は歯の保護のためにマウスピースを作成し装着していただきます。

6.歯周外科治療

これまでの治療で改善しなかった部位に対しおこないます。
病気の原因が目で確かめられるよう歯肉を切開して、こびりついて取れなかった歯石を除去します。

7.メインテナンス

歯周病治療は終わってからが肝心です。
時間をかけ治療し健康な歯肉を取り戻したのですから、この状態を維持していくことが大切です。
治療した歯を長く健康な状態で維持するために、定期的にホームケアのチェックと共にプロフェッショナルケアをおこないます。

歯周病は糖尿病等の慢性疾患と同じ位置づけにあります。
メインテナンスの期間は歯周病の進行状態によって違いますが大切な治療の一貫です。

歯周病は全身的な病気とも深く関わりを持っています。

歯周病を発症させる細菌やそれを防ぐためにできる体の免疫細胞はいろいろなところに移動し、全身に悪い影響を及ぼします。
糖尿病・骨粗しょう症・心臓病・肺炎・早産などがよく知られています。
糖尿病の方が歯周病の治療をして血糖コントロールが改善したとの報告もあります。