天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 大事な歯を守る!歯のブログ > 審美歯科・ホワイトニング > 歯を白くキレイに!着色やプラークを除去するエアフロー

審美歯科・ホワイトニング

2017/12/08

歯を白くキレイに!着色やプラークを除去するエアフロー

毎日しっかり歯みがきしているのに、着色汚れや歯垢(プラーク)で歯の黄ばみが気になるという方は多いのではないでしょうか。そんな方に、歯科医院で行う「エアフロー」という頑固な着色汚れをジェット噴流で吹き飛ばす方法があります。

エアフローとは、特殊なパウダー(塩の粒子)を混ぜた水を、高圧エアー洗浄で歯に吹き付けて、歯の表面にこびりついたしつこい着色汚れを除去し清掃する方法です。タバコのヤニや、コーヒー、紅茶、ワインなどによる、しつこい汚れに効果的です。

着色とは・・・

代表的なものとしてあげられるのは、タバコのヤニやお茶の茶しぶなどが着色(ステイン)と呼ばれるものです。例えば、紅茶やコーヒー、お茶などもコップの表面に茶色くついて取れないようなことはありませんか?洗剤をつけてキレイに洗っていても長く続けているとコップの表面がうっすらと着色している状態です。それらが歯の表面にも同じように着色するのがステインと呼ばれるものです。

たくさんついてしまったステインも・・・

こんなにキレイになります!!ステインがついてザラザラしていた歯面がエアフローでツルツルになります。

エアフローの注意点

1:知覚過敏の方の場合には、刺激を感じる場合がある

水と超微細なパウダー(塩の粒子)をウォータースプレーで吹き付けるため、知覚過敏症の方には「痛み」に感じる場合があります。知覚過敏は神経が過敏に感じる症状のため、刺激を与えすぎないようにしたいものです。知覚過敏のある方は歯科医師に相談しましょう。

2:本来の歯の色以上には白くはならない

ホワイトニングとは違い、本来の歯よりも白くなるような効果はありません。くすみを取り除き、本来の白さに戻すのが特徴です。

3:むし歯や歯周病がある状態では行えないこともある

むし歯や歯周病の治療が終えていない場合には、ステイン除去は行わない場合もあります。むし歯や歯周病の「疾患」をきちんと治して、治療が終わった後に、本来の歯の色に戻すためのステイン除去を行います。

エアフローの後はとてもさっぱりして、歯もツルツルになります。エアフローは、ステインだけでなく歯周病の原因でもあるプラーク(細菌のかたまり)も落とすことができます。たくさんのプラークを一気に落とすことができます。ご自分の本来の歯の色が、いかに白いのかを知ることが可能です。歯に着色がついていると、歯面がザラザラしてしまうので、プラークなどがつきやすくなってしまいます。エアフローで着色を落とし、歯をツルツルにして、キレイな歯を保ちましょう!


みゆき歯科医院では「歯科治療のことを考えるだけで気分が悪くなる…。」という方にオススメの歯科治療設備があります。
詳しいことはこちらへ ↓ ↓
静脈内鎮静法(セデーション)をおこなっております