天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 大事な歯を守る!歯のブログ > 歯並び・かみ合わせ > くいしばって生きてませんか?

歯並び・かみ合わせ

2018/01/31

くいしばって生きてませんか?

実は歯のトラブルは「くいしばり」が原因のことが多いんです!!

メカニズムは明確ではありませんが、「くいしばり」は今を生きるほとんどの人がしているといっても過言ではない現代病のひとつです。ただ、無自覚な人が圧倒的に多いのも事実です。
「くいしばり」と同時に「歯ぎしり」は意識することが大事です。日中、夜間に関わらず無意識のうちにおこなっています。日常的に顎が正しい位置にある場合、上の歯の裏の部分に舌がくるので、上下の歯はぶつかり合うことはありません。しかし、顎が歪むとかみ合わせが悪くなったり、歯が割れたり、つめ物が取れたり…と歯だけでも悪影響がたくさんあります。 

かみ合わせを治しても「くいしばり」が治らなければ…
こんな症状が潜んでいる可能性もあります

1:口周りの不調

長期的になると歯だけでなく顎や顔の形にまで及びます。強い力を毎日のようにかけることで、顎の筋肉や関節、骨にまで影響が出る可能性があります。歯並びが悪くなったり、つめ物がすぐはずれやすかったりします。
〜 さらに詳しい症状として 〜 

① 顎関節症

主に「歯ぎしり」が原因でなる場合があります。寝ている間に歯ぎしりを長期間続けていると、顎の関節の骨がズレてしまい顎関節症を引き起こすことになります。また、口を開けたり閉じたりしたときに音が鳴ったり、顎がガクガクする場合はすでに顎関節症の恐れがあります。

② 顔の変形

片側だけの「くいしばり」をしている人が一番危険です。片側だけでいつもくいしばりをしている人は、ご飯を食べるときにも同じほうで食べている場合が多くあります。そういう生活習慣から、顎の筋肉が力をかけるほうだけ発達して、顔の大きさが左右違うようになります。ひどくなると、目の大きさまで変わってしまいます。片側だけエラが張っているように見えたら、要注意です。

③ 知覚過敏

歯肉炎、歯周病とともに歯の病気でよくいわれるのが知覚過敏です。歯に力をいれすぎることで、歯肉の血流が悪くなり、どんどん弱り、下に下がってしまいます。一度、下がった歯肉は元に戻ることはありません。象牙質が見えてしまうと、冷たい物がしみて、ご飯を食べるのもつらくなります。

2:体の不調

筋膜の異常によって関節や骨など全身に影響を及ぼします。顎周りの筋膜がかたくなることで、体がコチコチになり、関節がズレ、体全体に歪みをきたすことに。逆に、体が歪んでいるせいで、顎のズレが出ているということもあります。
〜 さらに詳しい症状として 〜 

① 頭痛・肩こり・腕のしびれ

極度の筋肉の緊張が引き起こす慢性的な症状です。「くいしばり」「歯ぎしり」ともに、顎に力を入れすぎるため、顎周りから首、肩の筋肉が極度の緊張を起こし、血流が悪くなるのが原因です。慢性的な肩こりや頭痛で悩まされている人は疑ったほうがいいかも。ひどくなってくると、腕や肩がしびれるような感覚になる場合があります。

② 腰痛や股関節のズレ

顔の変形が悪化してくると体全体がズレてきます。顎の骨が変形してくると、背骨、骨盤にまで影響を及ぼすようになります。反対に、脚を組むクセがあったり、姿勢が悪い人は、この要因で「くいしばり」や「歯ぎしり」が起こっている可能性もあります。

③ 全身の倦怠感

「くいしばり」と「歯ぎしり」がひどくなると、全身に力を入れて寝ている場合もあります。一晩中、グッと力を入れて寝ていたら、起きたときに疲れているのは当たり前です。日中ではありえないような筋肉の使い方をしているせいもあるので、朝から倦怠感に苛まされることもあります。疲れていると感じたら、朝からお風呂に浸かってリラックスするのもオススメです。

3:メンタルの不調

ストレスや体の不調に伴って影響するのはまさにメンタル面です。体と心はすごく密接なものです。「くいしばり」や「歯ぎしり」が続くことで、何かしら体に影響がある場合、同時に伴うのが精神面への影響です。気分が乗らない、やる気が出ない、イライラする…などが起こり得る状態です。
〜 さらに詳しい症状として 〜 

① 不眠

「くいしばり」や「歯ぎしり」を心配しすぎるのもNGです。意識がコントロールできないときにしてしまう行為を心配しすぎたり、ネガティブに捉えすぎることで、反対に寝るのが怖くなってしまう恐れもあります。

② 躁鬱

正しいかみ合わせでないことによる不安定が引き起こします。口の中に不快感や違和感が出てくると、気持ちが不安定になりやすいです。かみ合わせがしっかりしていないから、というのも原因のひとつです。本来あるべきところにあるものがないと、体も心不安定になるものです。感情を抑制し続けることにより「くいしばり」や「歯ぎしり」がひどくなることもあり、その最たる結果が躁鬱なのです。

みゆき歯科医院ではかみ合わせ治療やマウスピース、筋肉マッサージなどをおこなっています。詳しいことはみゆき歯科医院スタッフまでお気軽におたずねください。


みゆき歯科医院では「オエッ」とならない歯科治療設備があります。
歯科治療が苦手な方にオススメです。
詳しいことはこちらへ ↓ ↓
全身麻酔・セデーション(静脈内鎮静法)をおこなっております。

●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●

セデーションでの治療を受けられた患者様から大変ご好評です。1日のご予約は限られていますので、興味のある方はカウンセリングだけでも可能です。お電話、オンライン予約からご連絡ください。