天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 大事な歯を守る!歯のブログ > むし歯予防 > 歯にいいのは外遊び

むし歯予防

2017/02/07

歯にいいのは外遊び

歯にはカルシウムが多く含まれていますが、カルシウムをとることだけが歯を強くするとは限りません。
カルシウムや鉄などのミネラル、ビタミン、タンパク質など栄養のバランスのよい食事が、歯には一番いいのです。

1回の食事の量が少ないと、子どもはおやつを欲しがります。そして食事どきにはまた食欲がなく…
という悪循環では噛むことも減り、歯並びにも影響します。
元気よく外で遊べばおなかがすきますし、寝つきもよくなるもの。
たっぷりの外遊びと規則正しい生活、食事を心がけることが、歯の健康にもとってもいいのです。

おやつはお茶かお水と一緒に

砂糖の甘さは子どもの舌になじみやすく、甘いものが好きになった子どもは大人になっても甘党です。
味覚の基礎ができるといわれる3歳までは、なるべく甘いものを避けるようにしたいところです。

また電車やバスなど公共の場で泣きやませるために、甘いものは使わないようにしましょう。泣けばお菓子が食べられる、と子どもは勘違いしてしまいます。
おやつにオススメなのは、繊維の多い果物やさつまいもなど。飲み物はジュースや炭酸飲料ではなく、お茶かお水がいいですね。
健康的なおやつの習慣を小さいうちに身につけることが、むし歯予防を簡単にします。

おやつはさっと切り上げる

おやつの取り方で覚えておきたいのは、ダラダラと食べさせないことです。食べるたびに歯はとけますが、唾液の力で修復されます。頻繁におやつを食べていると、修復される前に歯が再びとけてしまい、むし歯になっていきます。

おやつは1日2回まで、食べる量と何時に食べるかも決めておきます。砂糖の入ったおやつを与えるのは、仕上げみがきがしっかりできるようになってから。
それでも、キャラメル、ビスケット、チョコレート、アイスクリーム、清涼飲料水などの砂糖がたくさんはいったお菓子や、いつまでも口に残るおやつは多く与えないようにします。
おやつはさっと切り上げるのがコツです。