天童市・東根市の歯医者、審美歯科・予防歯科・歯周病治療ならみゆき歯科医院

ホーム > 大事な歯を守る!歯のブログ > 歯周病 > 歯周病ってどんな病気?

歯周病

2018/04/23

歯周病ってどんな病気?

歯周病ってどんな病気?

歯周病はギネスブックに、人類史上もっとも感染者の多い感染症と記載されるほど感染者の多い感染症で、歯が抜ける原因の第1位を占めるほどリスクの高い病気です。
歯の周りのみがき残し(プラーク)が歯ぐきの中に入り込み、細菌が繁殖して歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していきます。 
初期段階では歯ぐきに炎症が起こり、腫れたり出血したりします。悪化すると膿が出て、歯を支える土台(歯槽骨)が溶け出し、歯を支えている組織が破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。 

歯周病の原因

お口の中にはおよそ300〜500種類の細菌が住んでいます。これらは普段あまり悪いことをしませんが、歯みがきが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。これを歯垢(プラーク)といい、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。この歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついているといわれ、むし歯や歯周病を引き起こします。その中でも歯周病を引き起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。

歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯ぐきに炎症を引き起こし、やがては歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。
歯垢(プラーク)は取り除かなければかたくなり、歯石といわれる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。これは歯みがきだけでは取り除くことができません。この歯石の中や周りにさらに細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。 

次のことも歯周病を進行させる因子となります

歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
不適合なかぶせ物や義歯(入れ歯)
不規則な食習慣
喫煙
ストレス
全身疾患(糖尿病、骨粗しょう症、ホルモン異常)
薬の長期服用 


みゆき歯科医院では「歯の治療がイヤ!!」という方にオススメの歯科治療設備があります。
詳しいことはこちらへ ↓ ↓
全身麻酔・セデーション(静脈内鎮静法)をおこなっております。

●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●〜●

セデーションでの治療を受けられた患者様から大変ご好評です。1日のご予約は限られていますので、興味のある方はカウンセリングだけでも可能です。お電話、オンライン予約からご連絡ください。